相談事例

湖南市

湖南の方より遺産相続についてのご相談

2021年07月03日

Q:父の遺産相続に際して、大きな財産もなく、相続人も近しい親族だけですので、遺産分割協議書を作成するまでもないように思いますが、行政書士の先生にご相談した方が良いですか?(湖南)

湖南市に住む主婦です。湖南界隈で遺産相続手続きに詳しい行政書士の先生を探していたところこちらを紹介されました。

先日75歳で父が亡くなったのですが、長い間病気を患っていましたので、遺産相続人である私たち親族もある程度覚悟はしていました。葬儀についてもある程度話を聞いていたので慌てることはなかったように思います。遺品整理の際に遺言書は見つかりませんでしたので、葬儀のあと、遺産相続人が集まり遺産分割について話し合いを行いました。

相続財産については、特に大きな財産というものはなく、父が住んでいた自宅と預貯金が数百万円のみです。遺産相続人は家族だけですので、今後も揉めることはないと思われます。
遺産分割協議書を作成するまでもないと思うのですがこのまま遺産相続を終わらせてもいいでしょうか。(湖南)

A:遺産相続手続きのためだけでなく、今後の安心のためにも遺産分割協議書を作成することをお勧めします。

相続人全員による遺産分割協議で合意した内容を書面にとりまとめたものを遺産分割協議書といいます。遺産分割協議書は遺産相続手続きの際の不動産の名義変更等の手続きの際に必要となりますが、遺言書が残されていた場合は、遺言書の内容に沿って相続手続きを進める事になりますので遺産分割協議を行う必要はなく、遺産分割協議書も作成しません。

遺言書が遺されていなかった場合は、先に説明しました通り、遺産分割協議を行って、話し合いでまとまった内容を遺産分割協議書にまとめます。また、遺産相続は、思ってもみなかった財産が突然手に入るという、非常に揉め事の起こりやすい状況となります。たとえ仲の良い親族でさえ揉め事に発展してしまうケースが少なくありませんので、相続人同士の争いごとが起こった際に、内容を確認するためにも、遺産分割協議書を作成しておいた方が安心です。

ご相談者様の場合、遺言書は見つからなかったとおっしゃっていましたので、今後の手続きをスムーズに進めるためにも遺産分割協議書を作成しておくことをお勧めします。

遺産分割協議書が必要となる場面(遺言書がない遺産相続)

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要)
  • 相続人同士のトラブル回避のため

湖南の皆様、相続は何度も経験することではないので、不慣れでいらっしゃるのは当然です。相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒や負担も多いがゆえ、思うように手続きが進まず予想以上に時間がかかる傾向があり、湖南の皆様の大切なお時間を無駄にしないためにも、滋賀・栗東相続遺言相談室の相続の専門家にお任せいただけないでしょうか。


滋賀・栗東相続遺言相談室では、湖南の地域事情に詳しい遺産相続の専門家が湖南の皆さまの遺産相続のお手伝いをさせて頂きます。
湖南近隣にお住まいの方で遺産相続に関するお困り事がございましたら、まずは滋賀・栗東相続遺言相談室の無料相談をご活用ください。
湖南の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を所員一同心よりお待ちしております

湖南の方に相続についてのご相談

2021年03月10日

Q:相続手続きの際に収集すべき戸籍謄本について行政書士の先生にお伺いしたいです(湖南)

先日、私の叔母が湖南にある病院で亡くなりました。叔母は母の妹になりますが、生涯独身であったため、子供はおらず、叔母の両親や祖父母なども亡くなっています。私の母もなくなっているため、私は相続人になるようです。そのような状況により叔母の友人より立て替えている医療費を返してほしいと私に話しがきました。叔母はそれなりに財産を持っていたため、相続手続きさえ進められればご友人にすぐにでもお返しが出来るのですが、銀行に問い合わせしたところ戸籍謄本を一式準備してくださいと言われました。遺言書も存在しないため、私が相続人であることを証明しないと手続きは進められないようです。戸籍についての知識がなく何から始めてよいのかもわかりません。詳しく教えて頂ければ助かります。 (湖南)

A:相続手続きには、基本的に叔母様の出生から亡くなるまでの戸籍が必要です。

相続手続きを進めるためには、金融機関等に相続人が誰であり、誰がその財産を引き継ぐかが決定していることを証明する必要があります。相続人が誰であるのかを証明するのに必要なのが戸籍謄本であり、誰が対象の財産を相続するのかを相続人全員が合意したことを確認するために必要な書類が遺産分割協議書です。

通常、相続手続きにおいて、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本及び相続人全員の現在の戸籍謄本の提出が求められますが、今回は被相続人が叔母ということなので、戸籍の収集は少々複雑になります。

相続人の範囲には順位があり、常に相続人になる配偶者を除き、相続の順位通りに法定相続人が決まります。上位順位の人が存在しない(亡くなっていることを含む)場合において相続の順位が一つ下の人が相続人となります。

ご相談者様はお亡くなりになった叔母様にとって姪御様の立場になるので相続の順位としては第三順位の立場です。つまり第一順位、第二順位の相続人がいないことを証明しなければいけないうえ、遺産分割をするためにはご相談者様以外の相続人の存在についても証明しなければいけません。必要となる戸籍の量も多くなるうえ、相当古い戸籍も読み解かなければいけないため、専門家に相談することをお勧めします。

 

滋賀・栗東相続遺言相談室では、湖南の皆様にむけて専門家による初回無料相談を実施しております。特に平日にお仕事をされている方だと、役所や銀行へ問い合わせすることも難しいかと思われます。湖南周辺にお住いの皆さま、相続にお困りの方はお気軽にご相談ください。湖南の皆様のご相談心よりお待ちしております。

まずはお気軽にお電話ください

0120-172-690

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜) ※事前予約により日曜・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-172-690

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜) ※事前予約により日曜・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ