戸籍謄本と戸籍抄本の違い

被相続人の死亡届を提出し、相続手続きを進めるために相続人の調査を行います。相続人調査の際、相続人の確定をするための資料として被相続人の出生から死亡までの全戸籍の収集を行います。

相続人の確認には被相続人の出生から死亡までの全戸籍謄本を収集します。戸籍はその後の相続税の申告、不動産の相続登記、銀行口座の名義の変更をする際にも必要となりますので、全相続人分の戸籍を取り寄せたのちは大切に保管しておきましょう。

相続手続きには戸籍謄本が必要

戸籍には戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)と戸籍抄本があります。相続手続きでは、全事項の記載がされている戸籍の写しである戸籍謄本が必要です。

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)… 戸籍内の全員分の情報が入った写し
  • 戸籍抄本(個人事項証明書)… 一部の人だけの情報が入った写し

最近では、様々な自治体において戸籍のデータ化が進んでいます。データ化された戸籍は戸籍謄本全部事項証明書(戸籍謄本)、個人事項証明書(戸籍抄本)と名称が変更されました。なお、紙で保管されていた戸籍は「平成改製原戸籍(平成原戸籍)」と呼ばれていますので注意してください。

相続の基礎知識の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-172-690

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜) ※事前予約により日曜・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

無料相談実施中!

  • 0120-172-690
    営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
    ※事前予約により日曜・祝日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    根来行政書士事務所
    〒520-3031
    滋賀県栗東市綣5-4-21

滋賀・栗東相続遺言相談室は
法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-172-690

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜) ※事前予約により日曜・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ